【2019年1月】 近畿流通センター(KRC)ニュース

滋賀県本部 ストーカー・DV被害者等に物件提供 滋賀県警と協定

ストーカーやDVの被害から逃れる場所の充実を図ろうと、10月26日滋賀県警と「ストーカー・DV被害者等の避難場所に関する協定」を結び11月1日から運用した。県内全市町の空き物件等を被害者に紹介できるようになり、被害者の避難先が大幅に拡大する。
県警はストーカーやDVの被害者が危険を訴えた場合、県内の公的施設やホテルなどに避難させているが、家族数に合う間取りでなかったり、場所が遠すぎたりして避難できないケースがあった。このため、県内約300の不動産業者が加盟する当協会と協定を結び、避難先を増やすことにした。協定では、被害者が警察に被害を相談し、早急な避難を希望する場合、県警が当協会に空き部屋を照会し、当協会は、居住地や家賃など希望を聞いた上で複数の物件を提示する。ストーカーやDVの被害者が物件を探す際、家主が加害者とのトラブルを恐れて貸し渋るケースもあるが、県警が仲介することで家主側も安心して貸すことができる。早ければ相談の翌日から入居でき、自力で物件を探すのに比べ、大幅に手間が軽減できる。
大津市の県警本部で開かれた調印式では、当協会の伊藤靖本部長と、県警の吉田隆刑事部長が協定書にサインした。

平成30年度 第3回 滋賀県指定法定研修会開催

滋賀県本部では、平成30年度第3回法定研修会を下記の通り実施し、会員等220名が受講しました。

開催日時  平成30年11月22日(木)
        受 付 午後1時00分〜午後1時30分
        研修会 午後1時30分〜午後4時
開催場所  栗東芸術文化会館 さきら  滋賀県栗東市綣2-1-28

研修内容  研修1 不動産の公正競争規約と不動産広告の実務(DVD研修)
      研修2 一般保証制度について
          講師 公益社団法人不動産保証協会 一般保証業務委員会
             副委員長 村松 清美 氏
      研修3 新たな住宅セーフティネット制度をめぐる最近の状況について
          講師 滋賀県土木交通部 住宅課   渡邊 裕也 氏

大阪府本部 パソコン講習会開催

平成30年11月12日(月)13:00〜 全日大阪会館 3階 第1会議室(参加者28名)

1.ラビーネット契約書類作成システム(賃貸編)
講師:角前秀史(流通推進委員会 委員長)
 ラビーネット契約書類作成システム(賃貸編)
講師:龍  優(流通推進委員会 委員)

平成30年11月29日(木)13:00〜 全日大阪会館 4階 多目的ホール(参加者名)

1.近畿レインズまどりっくす・AD-1について
講師:太田仁美
2.近畿レインズシステムの操作方法について
講師:太田仁美

兵庫県本部 宅地建物取引士法定講習会実施

全日兵庫県本部主催の宅地建物取引士法定講習会を平成30年度は3回にわたり兵庫県農業共済会館7F大会議室で実施しました。10月10日(水)は150名、10月24日(水)は151名、11月7日(水)は152名の方が受講されました。
講習会は\農宅地建物取引士の使命と役割及びケーススタディJ響荵例と関係法令(都市計画法・建築基準法等)な響荵例と関係法令(民法・宅地建物取引業法等)の4科目6時間の講習で、講習終了後に新しい宅地建物取引士証を交付しました。
また、10月24日(水)には、全地方本部の法定講習受託実現に向けて「法定講習実地視察及び説明会」を兵庫県本部が担当開催いたしました。ご参加された地方本部の受託実現に向けて一助となれば幸いです。

【10月10日(水)】【10月24日(水)】【11月7日(水)】

兵庫県本部 平成30年度第3回法定研修会

平成30年度第3回法定研修会は、11月2日阪神会場、11月5日神戸会場、11月12日姫路会場の日程で開催されました。講義内容は以下のとおりです。

1、「土地家屋調査士から見た宅建業者への注意事項(解体・境界等について)」
講師 司法書士 藤原栄美事務所
      司法書士・土地家屋調査士  藤原 栄美 氏

2、「市街化調整区域における開発許可制度の運用について ― 兵庫県の場合 ―」
講師 兵庫県県土整備部住宅建築局建築指導課 担当者

  • (11月2日阪神会場)
  • (11月5日神戸会場)
  • (11月12日姫路会場)

兵庫県本部 親睦旅行

兵庫県本部は、11月8日(木)に開催された第54回全国不動産会議石川県大会に参加し、翌日から親睦旅行を実施しました。
まず、名勝兼六園を訪れ、紅葉を楽しみ、冬の風物詩である「雪吊り」の作業風景も見ることができました。昼食後、妙立寺へ。別名「忍者寺」と呼ばれるだけあって複雑な構造や仕掛けに説明を受けながら、興味深く拝観し、その後、なぎさドライブウェイを走り、加賀温泉へ。温泉で日頃の疲れを落とした後、宴会で親睦を深めることができました。
最終日は、輪島朝市で買い物を楽しんだ後、民宿「やまじゅう」でカニをはじめとする北陸の海の幸を堪能しました。北陸のお天気は変わりやすいと聞いておりましたが、観光を楽しんでいる時は雨に降られることもなく、旅行を終えることができました。
最後になりましたが、旅行にご参加いただきました皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

姫路支部忘年会

12月4日(火)に姫路支部の忘年会を行いました。今回は、かに料理・旬の日本料理を楽しめる「西村屋 白鷺館」での開催となりました。25名の方のご参加があり、「かにすき」「牛しゃぶ」に分かれて鍋料理等の食事を楽しみつつ、会員同士の親睦を深めました。
ご参加いただきました皆様、大変お疲れ様でした。ありがとうございました。

近畿流通センター 平成30年度 流通セミナー実施

近畿流通センターでは、平成30年10月30日(火) 全日大阪会館4階多目的ホールにて「Z-movie NEO出演弁護士による不動産トレンドセミナー」と題して平成30年度 流通セミナーを開催いたしました。
セミナーでは、「Z-support」アドバイザーの松本康正弁護士に「不動産トラブルの近年の傾向~取引相談における事例から~」、中島宏樹弁護士に「民泊日和~民泊の現状と課題~」をテーマに、不動産実務に詳しい先生方ならではのご講義を賜りました。また、松藤隆則弁護士による「Z-movie NEO判例解説動画シリーズ 第6弾 認知症と意思能力」を上映いたしました。
近畿流通センターが提供する会員支援システム「Z-support」アドバイザーの先生方と「Z-movie NEO」研修動画の魅力をご紹介させていただく良い機会となりました。
月末のお忙しい中ご参加下さった皆様と、ご協力くださった「Z-support」アドバイザーの先生方に心よりお礼申し上げます。

近畿地区青年部連絡会
「第11回 全日青年会員全国会議 石川県大会」参加報告

平成30年11月7日(水)15時より、ANAクラウンプラザホテル金沢(金沢市)にて、「第11回 全日青年会員全国会議 石川県大会」が開催され、近青連から29名が参加しました。

■近青連・花川智彦会長より開催宣言の後、石川県本部・上田雄一副本部長の歓迎のご挨拶に続き、第一部では、NPO法人空き家コンシェルジュ・代表理事の有江正太氏を講師にお招きし、「儲かる空き家の利活用」というテーマでご講演頂きました。その後、「不動産業者として空き家をどのように利用できるか」をテーマにテーブルディスカッションが行われました。青年部会員からは、空き家の現状や利活用方法に地域差があることや、日本の問題である空き家対策に不動産業者として取り組んでいきたいという声がありました。最後に、金田炳浩実行委員長より総括を行い、閉会宣言で締めくくられました。


  • 近青連・花川会長

  • 石川県本部・上田副本部長

  • 講師・有江正太氏
  • 空き家をテーマとした講義の様子(上)
    テーブルディスカッションの様子(左・下)

  • 金田実行委員長

■第一部終了後、第二部 懇親会が開催されました。総本部・原嶋和利理事長をはじめ、開催県である石川県本部・田井 仁本部長、次期開催県である高知県本部・清水正博本部長など多数の地方本部長が激励のため会場までお越し頂きました。全体で140名ほどの参加があり、盛大な懇親会となりました。


  • 総本部・原嶋理事長

  • 石川県本部・田井本部長

  • 高知県本部・清水本部長

  • 近畿地区本部長・OB・青年部

■翌日11月8日(木)、早朝より、近青連及び東青連が主体となって、金沢駅周辺で「オレンジリボン活動」啓発のためのティッシュ配布を歩行者に対して行いました。その後、石川県立音楽堂(金沢市)にて開催された「第54回 全国不動産会議 石川県大会」では、会場誘導や受付、「ラビーちゃん」の演出など、全国の青年部有志が集まり積極的に大会の実施応援を行いました。

  • オレンジリボンティッシュ配布
  • 全国不動産会議実施応援
  • ラビーちゃんひゃくまんさん

(公社)全日本不動産協会大阪府本部 青年部 主催
「平成30年度第2回名刺交換・情報交換交流会」実施報告

大阪府本部青年部では、50歳以下の会員関係者を対象に「名刺交換・情報交換会」を継続的に開催しております。平成30年11月16日(金)午後6時より、OMMビル会議室にて平成30年度 第2回名刺交換会が開催されました。当日は、約100名もの会員関係者様にご参加頂き、参加して頂いた皆様の積極的な名刺交換や情報交換の談笑により、会場は活気に溢れていました。
また、今回は不動産業に関連する企業6社(あいおいニッセイ同和損害保険蝓大阪ガス住宅設備蝓↓螢掘璽圈璽罅次大英産業蝓▲戰好肇機璽咼広蝓↓螢螢ルート住まいカンパニー)にご出展頂き、参加者との名刺交換や情報交換が行われ、参加者からも満足のお声を頂きました。
青年部は、会員関係者のニーズやビジネスに繋がるよう、当日の準備から運営・進行、参加者へのバックアップに積極的に務め、参加者から高い評価を頂いております。引き続き本事業を継続し続け、会員業者の発展に寄与できるよう取り組んで参ります。

平成30年度 第3回近畿地区青年部連絡会 開催

平成30年11月27日(火)15時30分から、近畿地区青年部連絡会が開催され、各地方本部から16名が出席しました。
開催地である大阪府本部・堀田健二本部長よりご挨拶を頂き、会議では、報告事項として各本部青年部の活動報告並びに活動計画と、11月7日に開催された「第11回全日青年会員全国会議 石川県大会」に関する報告が行われました。また、検討事項として平成31年度の第12回全日青年会員全国大会 高知県大会に向けて、意見を交わしました。
会議終了後には懇親会を開催し、親睦を深めました。

平成30年度 近畿地区 取引・苦情処理業務指導者研修会開催

平成30年12月3日(月)ホテルモントレグラスミア大阪において、近畿地区取引・苦情処理業務指導者研修会が開催されました。参加者は、近畿二府四県本部あわせて60名でした。
研修会では、保証協会の業務と現況について、演習問題のグループ別検討・取りまとめ及び解答発表、講師による講評等(質疑応答を含む)が行われました。講評後、講師である松藤隆則弁護士から、空き家・民泊などに伴う法的問題について講演があり、終了後意見交換会が開催されました。

福岡県本部 パソコン研修会開催

平成30年11月28日(水)福岡県北九州市のCOMPASS小倉にてラビーネット契約書類作成システムセミナーが開催されました。
ラビーネット契約書類作成システムの概要や、従来のダウンロード版とシステム版の違い、操作方法の説明、実践が行われました。
参加された20名の方から積極的な質問も多くあり、今後もこのシステムを利用していきたいとのお言葉もいただき、充実したセミナーとなりました。