全日近畿・不動産フォーラム2014 in HYOGO開催のお知らせ

公益社団法人全日本不動産協会 全日本不動産近畿流通センターでは、一般消費者の皆様に対し、開かれた不動産業界を広くアピールして、安全で安心な不動産取引を推進するとともに、信頼産業としての社会認知と情報公開による消費者保護を大きな目的として、事業を行っております。
今年度に実施予定の公益事業の一つとして、標記不動産フォーラムを開催することになりましたので、各位にその概要をお知らせいたします。

<全日近畿・不動産フォーラム2014 in HYOGO>

テーマ 『阪神淡路大震災から20年、市民目線で考える地域の活性化』
開催日時 平成26年11月2日(日曜日) 午後2時 開演
会場 神戸新聞「松方ホール」【神戸市中央区東川崎町1-5-7 神戸情報文化ビル4階】
JR神戸線『神戸』駅下車 ハーバーランド方面へ徒歩約10分
プログラム 【第一部】講演会(桂文珍による落語を上演) 【第二部】パネルディスカッション
趣旨 一昨年は、大阪市において「巨大災害に備える住宅の防災」をメインテーマに不動産フォーラムを開催いたしました。神戸大学名誉教授の室﨑益輝氏に、確実にやって来ると言われている東海・東南海・南海地震といった未曾有の大災害への備えと、減災に向けた個々の取り組みについて御講演をお願いし、その後、有識者を招きパネルディスカッションを行いました。
今年度は、前回の大阪での開催テーマを受けて、阪神淡路大震災から間もなく20年を迎える被災都市神戸の震災復興の現状について、自身も阪神淡路大震災の被災者である神戸市在住の落語家、桂文珍氏に御講演をお願いし、パネルディスカッションを通じて、神戸市長田区や灘区など被災地商店街の遅れている再開発の問題点や、活性化について、市民目線で見た地元の生きた声を聞き、神戸の震災復興について考えます。
参考 神戸新聞 阪神淡路大震災20年 連載・特集から
http://www.kobe-np.co.jp/rentoku/sinsai/20/rensai/P20140619MS00130.shtml

全日近畿・不動産フォーラム2014 in HYOGOの企画立案は、近畿流通センターの不動産フォーラム実行委員会が担当しています。坂本運営委員長を実行委員長に、各本部の精鋭11名で構成しています。同委員会は、昨年末に発足して以後、今年の11月の開催に向け、定期的に委員会を開催して着実に準備を進めております。残り3カ月足らずとなりましたが、皆様のご協力のもと、成功裏に終わるよう努めて参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。