【2018年6月号特集】
Newリリース!「ラビーネット契約書類作成システム」のご案内(前編)

全日の統一書式/ラビーネット契約書式集に準拠した契約書類作成システムがリリース

前年度、公益社団法人全日本不動産協会の会員様専用ウェブサイト(ラビーネット)の中で、業務支援コンテンツの一つとして「契約書類の統一書式」がリリースされました。
これまでエリア別にバラバラだった契約書類の書式データが全国共通版として統一されました。売買契約書28書式、賃貸借契約書19書式、関係書式を200書式以上のボリューム、リーガルチェックや法改正対応も完全対応した正確無比な全日統一書式です。
この全日統一書式に忠実に、契約書類を作成できるクラウドシステムが「ラビーネット契約書類作成システム」です。

ネット環境さえあれば、いつでも…、どこでも…
ラビーネット契約書類作成システムはクラウドシステムですので、ネット環境さえあればいつでも、どこでも契約書類の作成が可能です。
例えば、オフィスでやり残した作業を自宅で継続できたり、出張先のホテルや移動中の新幹線の車中でも契約書類の作成が可能です。
また、作成中の書類データはウェブサーバ内にありますので、支店のスタッフと分担作業することなども可能です。
※並行作業は作成ルールなどを徹底されることを推奨いたします。
また、ローカルパソコンがクラッシュした際でも、大切な契約書データはウェブサーバに保管されているので安心です。

入力補助機能や複製機能・リレーションで、契約書の作成時間を短縮、作業効率をアップ!

ラビーネット契約書類作成システムは、「作成効率を高める」ための機能が搭載されています。
各種入力補助機能や複製機能をぜひご利用ください。

例文反映機能で入力手間を省く!
例文反映機能は、データベース内に登録済の定例文書(ラビーネットの「不動産売買契約書類 記載マニュアル」)をテキストエリア等に挿入できる機能です。
他にも、自分で入力した文書等のテキストデータを保管し再入力の手間を省略する機能や全日会員のデータを検索し挿入できる機能などを利用することで、契約書類の作成時間を短縮し、作業効率を格段にアップすることができます。

重説の入力データを契約書にリレーション
重要事項説明書で入力したデータはデータベースに保存され、契約書の同一項目にリレーション(自動入力)されますので、重複した入力作業は不要となります。

カレンダー入力機能
年月日入力時にはカレンダー入力機能が搭載されています。
年月日入力箇所の右に設置されているカレンダーアイコンをクリックするとカレンダー入力機能のサブ画面が表示され、該当する年月日をクリックすれば、年月日入力にその年月日を自動入力してくれます。

電卓機能
計算の必要な場合はツールボックス(画面右)の電卓機能をご利用ください。
電卓のアイコンをクリックすると電卓機能のサブ画面が表示されます。使い方は普通の電卓と全く同じ、「万円」入力もできます。
ドラッグ移動できますので、操作時に邪魔にならない位置に移動してください。

書類データ複製機能
賃貸借契約などでは、同物件、同建物の取引をする際に、既に作成済の書類データを複製し、書き換え作業で契約書類を作成すれば、大幅に作業時間を短縮できます。
既存データを複製したい場合は、「既存書類を呼出 ~ 契約書類を作成再開」等の画面の「既存(作成中)の契約書類データの案件を選択」の表(最右欄)の「書類の操作」にある「複製」をクリックしてください。(左図参照)
※複製作業は書換モレのないように十分に注意してください。

今後、続々と書式追加!操作ガイドムービーもリリース予定!

今回は、ラビーネット契約書類作成システムの概要と便利な機能の一部をご紹介いたしました。
今回のリリースは、売買3書式ですが、続々と書式をリリースして参ります。
ぜひ、ラビーネット契約書類作成システムをご利用ください。