【2018年10月号特集】全日安心R住宅

公益社団法人 全日本不動産協会では、既存住宅の流通活性化を推進するため、本年4月より開始する国土交通省の告示による「安心R住宅制度(特定既存住宅情報提供事業者団体登録制度)」に事業者団体として、平成30年3月13日付けで登録を受けました。これは不動産流通団体としては初めての登録です。

安心R住宅とは、耐震性があり、インスペクション(建物状況調査等)が行われた住宅であって、リフォーム等について情報提供が行われる既存住宅をいいます。
具体的には、以下の要件を満たすものです。
[1]耐震性等の基礎的な品質を備えている
[2]リフォームを実施済み又はリフォーム提案が付いている
[3]点検記録等の保管状況について情報提供が行われる
これにより、「不安」「汚い」「わからない」といった従来のいわゆる「中古住宅」のマイナスイメージを払拭し、「住みたい」「買いたい」既存住宅を選択できるようにするものです。
住宅ストックの有効活用が社会的課題となっている中で、消費者に対して一定の性能や品質について要件を満たした既存住宅の情報提供を行う「安心R住宅」制度を推進していくことは、既存住宅流通市場の活性化を図るとともに、会員業務の支援に寄与すると考えております。

公益社団法人 全日本不動産協会では仲介事業者でも「安心R住宅」標章を利用できるよう、登録団体としてリフォーム工事の実施判断基準等のルールを定めております。
この制度が社会により広く普及するよう、今後も皆様に「安心R住宅」についての周知、標章使用の促進に努めてまいります。

この制度に関する質問は下記の「全日安心R住宅相談センター」に電話またはメールでお問い合わせください。

全日安心R住宅相談センター
TEL:03-6272-8688(受付:毎週月曜〜金曜 13:00〜16:00)
※祝祭日・年末年始・お盆期間・GWを除く
E-mailアドレス:zennichi.anshinr@zennichi.or.jp