チャプター毎に単独再生する場合は「OFF」にしてください → 連続再生:

検査済証のない建物の有効活用を知るシリーズ

2018/03/30 に公開

[2020/03/22追記]
)_正(令和元年6月25施行)用途変更する場合、法改正前までは増改築の場合に限られていた既存不適格建築物の段階的改修は、増改築を伴わない場合(その階のみの用途変更など)でも、段階的改修が可能となった。(改正前は現行法への全面改修が建物全体に遡及されていた)
既存不適格建築物の吹き抜けや階高の高い階への増床(階の追加)が耐震診断基準に適合していれば可能となった。

プラスワン建築設計事務所/原 恵一

建築関連の手続き等を詳しく解説。共同住宅・戸建住宅などの住宅設計から老人ホームなどの福祉施設まで様々なジャンルに対応した建築設計のスペシャリストです。